粒沢らぼ。

粒沢ツナ彦です。本業は研究者をやっています。本名ではないです。
仕事や時事問題、面白かった学術論文などについて書くブログ。毎日更新する!!
博士号保持(生命科学系)、研究者(アカデミア→民間)、意識低い系バイオベンチャーブロガー。時々演劇の脚本家、コント作家、YouTube動画編集者。アンチ竹中エバンジェリスト、ニワカ竹中ヘイゾロジスト。
Twitterアカウント:@TsubusawaBio←お仕事などの依頼もお気軽にこちらへ。

dogeza_woman


西野亮廣に向かって、金を出してもらって土下座する東大博士課程の女子がいたという話題をネットでみました。

なんか、西野が許せないとかそういうことよりも、ただただ脱力感があります。

一体なんなんだこれは…という。

「拝金主義」とラベルを貼って額縁に入れて飾ればいいのでしょうか

 

世の中には、本来的にはお金や資材を持っている人と、労働力や技術を持っている人がいて、どちらが偉いと言う話でもなかったはずだと思うんですよ。

本来的には、ね。

ただ、お金を出せる人はどうしても現代では希少なので、価値が上がってしまっている、と言うだけのことです。

だってもし仮に「労働力や技術を持っている人がごく少数で、反対にお金をたくさん持っている人はいくらでも世の中に溢れている」みたいなことになったら、絶対に労働力や技術を持っている側が優位に立てるはずですよね。

 

たかがお金を出してもらうだけのことで土下座するとかそういう自体が発生してしまっているということ自体、何かが完全に間違っていると思いますね。

お金出してもらったらそりゃ感謝はするだろうけど、何も土下座なんてせんでもいいのに。

きっと立派な経歴に反して自己肯定感低い人なのだろうな。。

仮にやろうとしていることが本当に世の中のためになるなら(何しようとしてるのか知らんし興味もないけど)、西野以外にも応援したりお金出してくれる人がいると思うし。

 

労働力や技術を持っている我々が頑張るのは、もちろん我々自身のためでもあるけど、地域や社会を幸せにしたり、産業を振興することで国力を上げることで国のためになったりすることでもあります。

そうすると、結果的にお金を持っているあなたたちのメリットにもなるんですよいうのが本来、あるべき交渉の姿ではないかと思うんですよ。

それが新自由主義が当然視される世の中で忘れられてしまっているようにも思います。

 

お金を持っている人たちの住んでいる街や地域や国を良くしようと思わずに、自分たちの金銭的利益だけを求めていればいいというのが、新自由主義の基本となる考え方ですからね。
そういう道徳というか世の中になってしまっているのですから。

竹中平蔵とかもそうですけど、新自由主義というのは本当にどうにかならんのかい、という思いです。

(寝落ちてしまって遅刻してしまいましたが、1/20の記事です!) 

smartphone_monku

昨日の、コロナ禍で医者に批判が集まっている件について触れた際にも思ったけど、認知的不協和の解消というのは現代社会において非常に重要なテーマだ。

ネットやテレビなどを介して、良い生活や羨ましい目に遭っている人の話が途切れることなく流れ込んでくる時代だからね。

 

自分のやりたいことや欲しいものがあるのに現実の制約がかち合ってしまいそれが達成できないというのは、現実には非常によくあることだ。

だけど、その状態に耐えられないので人間はどうしても認知的不協和を解消する方向の認知を好んで採用してしまう。

認知が真実であるかどうかは関係なく、認知的不協和が解消できる話であれば、普通の人はみんな喜んで受け入れるのだ。

致し方ないところではある。

修行が足りないと言えばそれまでかもしれないが、一般大衆は修行僧などではないのだ。

 

しかし、昨今の医療に関する根拠のない言説でもそうだが、都合のいい認知を作るためにウソを広められたり事実と異なるレッテルを貼られるほうとしてはたまったものではない

それを煽ることで商売にしているような輩もいることは前回も触れた。

 

とはいえ、SNSの時代では、ウソだろうがなんだろうが人々の意識にのぼりやすい考え方はどんどん広まっていく。

その流れを止めることは事実上不可能だ。

たとえば医者に対する悪口や誤った根拠に基づく批判が問題だとしても、それらを全て根絶することは不可能だろう。

個人の自由が尊重される我が国では基本的に特定の意見を言う人の口を塞ぐことはできない。

仮に塞ぐことができたとしても別の形で噴出してくるだけだ。

 

せいぜい、明らかなウソを書かれた時には関係者の証言やデータで反論するくらいが関の山だ。

それだって、認知的不協和に取り憑かれて「見たいものしか見ない」相手には通じない。

言っても通じない相手は結局のところ無視するしかないのだ。

 

さらに厄介なことだが。
「認知的不協和に耐えられず事実と異なる内容を吹聴するやつらを黙らせたい」が、「日本には言論の自由があるので口を塞ぐことは原則不可能である」と言うことの不快感。

この状況自体が、非常に皮肉なことに認知的不協和なのだ

これを解消するために、「認知的不協和で事実と異なることを思い込むやつは知能が低い、下賤だ」などのような認知を自分自身にインストールする必要があるのだ。

 

ここで大事なことだが、「認知的不協和で事実と異なることを思い込むやつは知能が低い、下賤だ」という文章が事実であるかは、正直どうでもいいのだ。

ただ不快感が

悲しいし皮肉を感じるが、現代社会ではそれが最もマシな対処法だろう。

 

残念ながら、我々は認知的不協和から真の意味で逃れることはできないのだ…。

doctor_run_isogashii
マスコミや
SNSを中心に「医師達は全然努力していないで自粛を呼びかけるばかり」「尾身会長の分科会が失敗したから感染が拡大した」みたいな言説が目立ちますね。

医師の人たちはコロナの流行下において実際頑張っていると、粒沢はもちろん思うのだ。

だけど、こうした医師や医療関係者に対する不満が噴出してしまうのも、良し悪しは別として気持ちとしてはわかる気がするのだ。

 

なぜ、医師達が余裕なく働いていると言っているのに、医療関係者でもない素人が「それは嘘だ!」「医者達がサボっている!」などと特に根拠もなく言いたがるのか。

 

その答えは、我々はどうあがいても結局医療を全く利用しないわけにはいかないというところにある

 

例えば、近所のラーメン屋のオヤジの態度が気に食わないとか喧嘩したとかなら、そのラーメン屋に行かなければいいだけの話だ。

別にラーメン屋なんて他にもいくらでもあるし、ラーメン以外の外食を利用してもいいし、なんならスーパーで買って自炊したりしてもいい。

代替手段が無限にあるのだ。

 

一方、どんな人であっても、医療を利用しないというのは現代社会においてはなかなか難しい。

どんなに健康に気をつけた生活をしていても、一切病気などにならないというのは現実的にはありえないだろう。

コロナの流行下であればなおさらだ。

それに、仮にものすごく健康管理に気をつけて、コロナだけでなく一切の病気にならなかったとしても、ある日突然車に轢かれて重傷を負うと言う可能性もゼロではない。

女性であれば妊娠出産のようなライフイベントもある。

 

医者が気に食わないなら医療を利用しない!と高らかに宣言することができたらどんなに楽か。

だが、ほとんどの人はそこまで本心から言い切ることができないのだと思われる。

 

要するに、認知的不協和というやつだ。

医者が気に食わないのに、医者に世話にならないわけにはいかないという、二つの相反する心理が一人の人の中に同居することで、この上ない不快感をもたらすのだ。

冒頭述べたような言説は、こうした認知的不協和から人間の魂を解放してくれる効果がある
「医者が悪い」「サボっている」ということにすれば 、(真実かどうかはさておき)悪いのは威張っているくせに仕事をさぼっている医者の方だ、ということにできるからね。

マスコミやネット論客の中には、あえてそうした心理につけこんで人々の注目を集めて、金儲けに利用しようとする人も多くみられる。 
褒められたことではないが、まあある意味では賢いともいえる。
良し悪しは別として、現代のコロナ禍というのは、そういう「不協和を解消してくれる認知」に対する需要が高まっている時代だということなのだ。 

このページのトップヘ